RESEARCH & CONSULTING

作業現場の安全性向上

潜在的リスクを可視化する

現場では当たり前に行っている行動の中には様々なリスクが潜み、それらが重なることで大きな事故につながっていきます。
オージス総研では、様々な現場観察の経験者が人間工学や心理学の知見も用いて現場の事実を分析。潜在的リスクを可視化し、安全性向上に寄与します。

対象となる主な業界・業種

ソリューション例

  • 潜在リスクも踏まえた安全性向上

    無意識に行っていることや、当たり前に行っている
    普段の作業から潜在的なリスクを発見し、
    顕在的なリスクとあわせて改善案を検討します。

  • モチベーション向上による
    ヒューマンエラーの低減

    ヒューマンエラーの発生には、
    作業者のモチベーションや職場の文化が大きく影響します。
    作業の様子だけではなく、作業環境やコミュニケーションの状況など
    現場でのみ得られる情報を幅広い観点で収集、解釈し、
    エラー低減のための施策を検討します。

プロジェクトイメージ

“作業現場における安全上の潜在リスクの洗い出し”

プロジェクトのゴール

対象となる作業現場についてこれまで把握できていなかった安全上のリスクを把握し、事故発生を未然に防ぐ対策を検討する。

01

リサーチ行動観察

安全上のリスクに関する行動実態・意識の把握

  • 対象とする作業について行動観察(目視またはビデオ)を実施
  • 朝礼や休憩など、作業時以外の行動も観察
  • 観察で見られた特徴的な行動についてその背景をヒアリング
  • さらに普段の安全に関する意識についても併せてヒアリング
02

定量分析・定性分析事実・気づきの整理

フィールドワークの結果をまとめた「ファインディングレポート」を作成

  • 観察で見られた行動の理由や背景の解釈、行動によって起こり得るリスクを整理
  • 人間工学・心理学の知見と合わせて解釈を行う

ファインディングレポート

ファインディングレポート

 
03

アイデアワーク改善アイデア抽出

  • 分析結果の共有

    • ファインディングレポートを基に実態を共有
  • リスク上の課題を抽出、取り組むべき課題の絞込み

  • 改善に向けてのアイデアラッシュ

    • ワーク参加者全員で対策についてのアイデアラッシュ

関連事例その他の事例につきましてはお問い合わせください。

ソリューション一覧