BLOG

ブログ

2018年1月24日(水)

メンバー&専門分野紹介

コミュニケーションについての定性調査のデータを公開

前回のブログにつきまして、大変多くの方からアクセスを頂きました。

「日常の些細な定性情報から本質的なニーズを導く」
https://ogis.kansatsu.jp/blog/detail/307

本質的なニーズの探索について、皆さまのご興味の強さを感じました。そこで、記事中でご紹介したコミュニケーションについての定性調査、そのローデータを無料でご提供いたします。事実データがどういうものか知りたい、ビジネスのヒントとして役立てたい、定性データからのニーズ分析を実践したいなど、ご興味がございましたら是非ダウンロードください。

データ概要


調査対象:LCさん*1 35名
テーマ:コミュニケーション(モノや動物に対しても含む)
収集方法:「気づきドット*2」を用い、テーマに沿った事実および、その解釈・背景などを収集
データ数:197データ

*1 LCさん:定性情報の収集などに長けた生活者のネットワーク。詳しくはこちら。
*2 気づきドット:現場の事実・実態から得られた気づきや解釈を、クラウド領域にストックするオリジナルスマートフォンアプリ。詳しくはこちら


<データサンプル>

<データ分析例>
分析の手順などについては、前回のブログをご参照ください。

<ダウンロード方法>
こちらの問い合せフォームより、問い合せ内容に「定性データ希望」と記載いただき、その他必須項目を記載の上、送信ください。折り返しメールでダウンロードURLをお送りします。

ダウンロード期限:2018年2月28日(水)

※学生、個人、同業の方のお申込みはご遠慮いただいております。ご了承ください。

ブログの更新情報は
Facebookでもお知らせしています