RESEARCH & CONSULTING

店舗・施設開発、リニューアル計画

ユーザー視点で店舗開発をサポート

新店舗のコンセプト開発やテナントリーシング、既存店舗のリニューアルに際して、
ターゲットユーザーのニーズ・施設利用における課題の明確化が重要です。
オージス総研では、目的に合わせて最適な手法を選択し、ユーザー視点での解決案を導きます。

対象となる主な業界・業種

ソリューション例

  • 新店舗候補地における
    商圏住民特性の把握

    ジオグラフィック特性でも把握できない、
    地域住民の生活や風土を理解するための調査を行います

  • MD戦略のための
    ターゲットニーズ分析

    アンケートやインタビューなどで、
    商圏内での購買実態や、競合店舗の利用実態、
    ライフスタイル、価値観、ニーズ等、多面的に実態を把握します

  • 新店舗のコンセプトの開発・評価

    ライフスタイル・価値観・ニーズなどを把握した上で、
    新店舗のコンセプト開発を行います。
    グループインタビューなどにより、コンセプト案の評価を行い、
    コンセプトをブラッシュアップします。

プロジェクトイメージ

“大型ショッピングセンターの新店舗開発に際しての商圏内顧客の理解”

プロジェクトのゴール

エリアの住民の現状の買い回りの状況や、ライフスタイル、価値観、ニーズ等、多面的に実態を把握し、
新店舗のコンセプトづくりや、テナントリーシング、ゾーニング検討に活用する。

01

リサーチグループインタビュー

  • 商圏内の顧客についての情報の把握

    • 商圏にご在住の、ターゲット属性の方を対象にグループインタビューを実施。
    • 購買に関する事実だけでなく、様々な事実を多面的に捉えることがポイントです。
    • グループダイナミズムを活かし、本音やターゲット自身があまり意識していなかった実態を引き出していきます。
02

定量分析・定性分析ターゲットの実態を整理

各ターゲット属性の事実整理

  • 属性別に調査課題に対する実態をレポーティング
03

インサイトワーク・アイデアワークコンセプト・アイデア開発

調査結果をもとに下記項目などをアウトプット

  • コンセプト案
  • 施設のハード・ソフト面についての要件・アイデア

ソリューション一覧