RESEARCH & CONSULTING

生産性の向上

幅広い観点から業務を定性的・定量的に可視化

生産性向上に向けた様々な取り組みが各企業で実施されている一方、これまでのアプローチの延長では不十分な限界という声を聴くことも多くなりました。
オージス総研は、業務実態の定量的把握とともに、従業員の心理面や組織や職場環境など幅広い観点をもって本質的な課題を明らかにします。

対象となる主な業界・業種

ソリューション例

  • 工場の生産ラインにおける
    生産性向上

    作業者の気持ちやコミュニケーションの実態など、
    心理面にも焦点を当てて事実を収集し、
    課題を把握し改善案を導きます。

  • オフィス業務における
    効率化・付加価値の向上

    業務における時間配分や、コミュニケーションなどの実態を把握し、
    効率化だけでなく、業務における
    付加価値の向上に寄与する改善案を導きます。

  • 作業現場における
    ヒューマンエラー低減

    生産性低下につながるミスについて、
    なぜ・どのように発生するかを把握し、
    低減に向けてのプランニングや活動支援を行います。

プロジェクトイメージ

“行動の可視化による生産性向上のボトルネックの抽出と改善案”

プロジェクトのゴール

工場内の組み立て作業・確認作業におけるボトルネックを把握したうえで、効果的な改善を実施する。

01

リサーチ行動観察

対象作業の行動実態の把握

  • 対象とする作業について行動観察を実施
  • 可能な限り作業の様子を動画を撮影
  • 朝礼や休憩時の様子、施設内の掲示物についても観察を実施
  • 観察で見られた特徴的な行動についてその背景をヒアリング。さらに普段の業務に対する意識についても併せてヒアリング。
02

定量分析・定性分析事実・気づきの整理

フィールドワークの結果をまとめた「ファインディングレポート」を作成

  • 撮影した映像を基に、作業中の行動をコード化。どの作業にどのくらいの時間をかけているかを定量的に可視化
  • 必要に応じて、特定の行動の回数をカウントし、定量化
  • 観察で見られた気づきについて、アカデミックな知見も用いて解釈

ファインディングレポート

ファインディングレポート

 
03

アイデアワークアイデア案出

  • 分析結果の共有

  • 生産性向上に向けて課題を絞込み

  • 課題解決のためのアイデアを案出

    • 人間工学や心理学の知見をアイデア出しに活用

関連事例※その他の事例につきましてはお問い合わせください。

ソリューション一覧