RESEARCH & CONSULTING

インターネット調査

提携ネットリサーチ会社のモニターやクライアント顧客に対して、インターネット上でアンケートに回答してもらう調査です。
大量の定量データの収集ができ、実態把握や仮説検証に適しています。

特長・メリット

  • 短期間でアウトプット

    データ入力が不要なため、
    実施から集計結果まで短期間でアウトプットできます。

  • クライアント顧客への調査

    ネットモニターだけでなく、メールアドレスが分かる調査対象者に
    対しても調査が可能です。メールアドレスがわからない場合は、
    調査URLを記載したハガキを送付して
    調査に協力してもらうこともできます。

調査の流れ

調査企画
調査目的を基に、調査の対象や項目、分析方法などについて企画します。
実査準備
アンケート対象の設定や、設問項目の設計、アンケート画面設計を行います。
実査
ネットアンケートのモニターなどを対象にアンケートを実施します。

基礎分析イメージ

調査の目的に合わせて様々な分析を行います。
  • クロス分析

    異なる2軸を組み合わせて行う分析手法です。性別・年代などのデモグラフィック項目による基本クロスのほか、利用店舗別の利用理由などの質問間クロス、ユーザータイプ別などのセグメント分析を行います。

  • 因子分析

    多変量解析の一種で、多くの変数をいくつかのファクター(因子)に集約し、多変量データに潜む共通因子を探り出すための分析手法です。クラスター分析の元データとして用いられることが多いです。

  • クラスター分析

    データ構造の似ているものを集めて分類する分析手法です。クラスターは「ブドウの房」という意味で、対象者をグルーピングすることにより、戦略ターゲットなどの設定を行います。

  • コレスポンデンス分析

    クロスデータをもとにして、変数間(項目の関係)の距離による位置関係をマッピングする分析手法です。ブランドイメージなどのポジショニングが、マッピングにより視覚的に把握できます。

  • PSM分析

    商品やサービスの受容価格帯(価格感度)を把握するための分析手法です。「高すぎて買わない」「高い」「安い」「安すぎて品質に問題がある」価格を聴取することにより、「最高価格」「妥協価格」「理想価格」「最低価格」が算出されます。

ソリューション一覧