RESEARCH & CONSULTING

事例紹介

現場イノベーション

飲食店の厨房業務における優秀店および標準店の比較観察

顧客名がんこフードサービス株式会社さま(厨房編)

調査対象大阪市内2店舗

実施時期各店舗1日(13時間)

調査目的

厨房業務における作業効率の向上と、設備・レイアウトの最適化。

抱えていた問題点

厨房におけるマネジメントは、勘と経験によるものが主流であり、同じチェーン店でありながらも、顧客に提供するサービスの品質や効率性の違いが表れていた。また、厨房設備が固定化され、高頻度で改編してゆくメニューとの最適化も滞っている状況であり、その改善も課題となっていた。

実施企業・団体様の声

 厨房における作業効率や、従業員のスキルによる作業配分等が改善されただけでなく、従業員各自が効率化を意識することで、現場での生産性向上への取り組み意欲もさらに向上しました。自発的なミーティングも開催され、よい風土として根付きそうです。
 
※本調査は、近畿経済産業局より受託した「行動観察手法を活用したサービス現場改善プロジェクト」です。