RESEARCH & CONSULTING

事例紹介

商品・サービス開発

ワーキングマザーの生活実態観察

顧客名大阪ガス株式会社

調査対象ワーキングマザー10世帯

実施時期1世帯あたり5時間~12時間の観察

調査目的

働いている主婦の終日行動観察調査を実施し、家庭内での家事や買い物行動の観察や、価値観などをお聞きするインタビューから、現在の主婦の生活上の潜在ニーズを抽出する。

抱えていた問題点

働く主婦の生活実態を行動レベルまで詳しく知るとともに、その価値観・考え方を知って、製品開発やサービス提案につなげたかった。

それに対し、実施した調査・ソリューション

ワーキングマザー10名について、仕事の後や休日に5時間~12時間をともに過ごし、家事や買い物など日常行動にすべて同行し、行動観察やインタビューを実施。アンケートでは把握しきれない、ありのままの日常の行動が観察でき、その思いもお聞きすることができた。

調査担当の声

調査の結果、ワーキングマザーのニーズは、「家事をもっと楽にしたい」「子どもと一緒に過ごしたい」「個人として認められたい」などであり、そのためにどういう行動をとられているか、がわかりました。
行動内容と価値観がむすびつき、ソリューション提案につながりました。

実施企業・団体様の声

表面的な調査でなく、細かな生活実態行動とその行動理由がよくわかり、広範囲な応用ができる情報になりました。