RESEARCH & CONSULTING

事例紹介

商品・サービス開発

男子高校生・大学生のスキンケア行動観察

顧客名メーカーさま

調査対象日常的にスキンケア(洗顔・ローション使用など)行動を行っている男子高校生、大学生各10名

実施時期平日2日間、土日1日間の、洗面所での行動をVTR収録

調査目的

洗面所における、男子高校生及び大学生のスキンケア行動の実態を把握することで、ブランドのビジョンとユーザーの利用実態との整合性をユーザー目線で再確認し、商品及びコミュニケーションに反映させることによって、より強くブランドを浸透させる。

抱えていた問題点

自社ブランドのビジョンとユーザーの利用実態が整合しているのかを知り、ユーザーの実態にあった商品やコミュニケーション方法を創出したかった。

それに対し、実施した調査・ソリューション

家庭の洗面所に固定ビデオを設置し、男子高校生・大学生の洗面所での行動を、平日2日間と土日1日間撮影し、行動内容について観察・分析を実施。その結果、調査以前の仮説を覆すような行動実態が多数記録され、高校生・大学生の間での行動に違いも明らかになった。
 この調査結果がCMをはじめとしたコミュニケーション及び商品に活かされており、有効な結果を得ることができた。

調査担当の声

当初、若い男性の洗面所の行動で、どの程度の収穫が得られるものか、不安もありましたが、想定を超えた数多くのあらたなファインディングが得られました。これらの情報が有効に活用され、大変嬉しい限りです。