BLOG

ブログ

「気づきコレクション」の記事

 研究員の海老原です。 「最果タヒ」さんという方をご存知でしょうか。関西出身の現代詩の詩人さんで、多くの文学賞を受賞されています。以前から気になっていましたが、この春に新刊が出ると聞き、これを機会にと購入しました。  読んでみると、期待を遥かに超えて、彼女の詩に非常に感銘を受けた訳ですが、それは置いておいて…  彼女の詩は決してわかりやすいものではないた…

続きを読む

 あなたが会社員だとして、会社のメンバーと夜のみに行くとしたら、誰に声をかけるだろうか?同じ部署で気の合うメンバー、部署は違うが個人的に付き合いがある友人、管理職の方なら日頃かわいがっている部下達など色々なパターンが考えられる。 だが、多くの人は敢えて顔は知っているが普段接点のない人を誘うことは、してみたいと思ってもなかなか実行しないのが実情ではないだろ…

続きを読む

 突然ですが、みなさまは「食事を共にしたわけではない見ず知らずの人の食事代を負担する」ということが起こり得ると思いますか?また、起こるとしたらどんな場合が考えられると思いますか?  何らかの理由で食事代以上のリターンが得られる場合か、それとも、負担しないことで不利益を被る場合か。そういった損得勘定を抜きにして起こった、私の体験をご紹介します。  日曜日の…

続きを読む

 音とは空気の振動であり、その振動を我々は耳で受けて「聴く」ということをしていますが、人には「聴きやすい音」と「聴きにくい音」とがあります。では、「聴きやすい音」とはどのような音なのでしょうか?物理的に音が耳に届き、正確に知覚されやすい、という意味での「聴きやすい音」は、どのような人でも同じであり、「2,000〜4,000Hzの高さの音(我々が「少し高い…

続きを読む

 どうせ食べるなら… どうせお金を払うなら…   <<美味しいものを食べたい>>  こう思わない人はいないのではないでしょうか。  私は食べることが大好きで、外食にもよく行きます。外食は、家では作れない高度な料理・自分では出せない味が食べられる分、その対価として金銭を払う必要があります。一度行ったことがあるお店なら大体味やお店の雰囲気が分かりますが、初…

続きを読む

 顧客に自社のブランドに価値と信頼を感じていただき、数あるブランドの中から、自社のブランドが迷いなく選び続けられることを目指す「ブランディング」に、多くの経営者やリーダーの方々が、日々取り組まれていることでしょう。今日は、最近の私が体験したことを共有しながら、そのためには何が大切なのか、ひとつの切り口から考えてみたいと思います。  約一週間前、土曜日〜月…

続きを読む

 こんにちは、行動観察研究所 研究員の海老原です。 自他ともに認める旅行好きのわたくしですが、この夏、休暇をいただきフランスのパリに行って参りました。 パリといえば、数々の名だたる美術館や建築がある街。見どころだらけで、何を見るか選ぶのも大変!ですが、実は意外にコンパクトで、その大きさは山手線の内側くらいだそうです。そして、滞在中の足は、その街に網目のよ…

続きを読む

 終わり良ければすべて良しといわれるが、プロセスが大きな要素となる観光では、終わりだけではなく初めも重要である。観光客の気分を盛り上げ、観光が終わった時にまた来たいと思ってもらうためには、入口と出口の役割を果たすことの多い駅がとりわけ重要である。そんな駅での工夫を京都嵐山で見ることができる。  京都北西部に位置する嵐山は、京都中心部からやや距離があるにも…

続きを読む

 私は先日、某スポーツジムの無料見学会に行ってきました。若いころ(20代)は、競技スポーツとして長距離走をやっていたので、自分で言うのもなんですが、スマートな体でした。その後10年以上運動をさぼっていたところ、体重が増え、体がたるみ、さらに足腰を痛めることが多くなってきたため、「このままではいけない。何か運動をしよう。」と思ったのがきっかけです。  ジム…

続きを読む

 最近、生活者インサイトを探索するプロジェクトでよく登場するキーワードに、「(人と)ゆるくつながる」がある。異なるテーマや年代を超えて、複数のケースでみられるのだ。  例えば、女子高校生のこんな事実。  ・・・SNSを通じて、「友達」の数はどんどん増える。時には、自分の意思を飛び越えるスピードで「友達」の輪が広がるため、戸惑うことや神経を使うこともある。…

続きを読む

 ここ数年、テレビやCMなどでいろいろな人型のロボットが多く取り上げられています。テレビの番組で、楽しそうに会話している場面も放送されたりしています。でも、もし、実際に街中にロボットがいたとして、あなたはどう振る舞うでしょうか?そして、その経験からどういう気付きを得るでしょうか?  私はロボットに興味があって、イベントなどが開催されていると、ちょっと足を…

続きを読む